AKIRAが実写化!?監督はタイカ・ワイティティ気になる経歴は

どーもyamasanです :)

世界でも人気の高いアニメAKIRA(アキラ)

実写化が何回か噂されていましたが、

ななななんと2019年秋には撮影が始まる可能性が出てきました。

東京が舞台のアニメAKIRA

もしかしたら東京五輪に合わせてきてるのかも。

監督を務めるのがタイカ・ワイティティ監督。

2017年のSF映画

マイティソー バトルロイヤル

作品を手がけていました。

気になる経歴をご紹介!

その前にAKIRA(アキラ)のストーリー

第三次世界対戦勃発後

2019年の東京(ネオ東京)が舞台になっているストーリー。

アキラと呼ばれる強大な超能力者を巡り軍隊やゲリラ、暴走族たちが戦いを繰り広げる物語。

金田正太郎

主人公の金田正太郎。

ヤンチャな性格だが仲間思い。

暴走族のリーダーになります。

乗っているバイクがかっこいい

スポンサーリンク

タイカ・ワイティティ経歴

生年月日:1975年8月16日 (43歳)

出身地 : ニュージーランド

大学生の頃はコメディ、俳優業をしていたタイカ・ワイティティ。

今でも俳優としてもやっていますが 笑

映画制作なども当時作成していて最初は短編映画などを作ってました。

そして大ヒットしたSF映画マイティソー バトルロイヤル

初めてのハリウッド映画で一気に名を轟かせた。

今回のAKIRAの件もアニメの大ファンだったみたいです。

あの世界観がタイカ・ワイティティが監督することによって

どのような実写になるのかすごく楽しみです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして こんにちは【Blog Chillien】運営者のyamasanです。 日々平和にまったり過ごすのがモットー ワニに似てるって良く言われます 笑 日々気になった情報などを発信していくブログです。