サガン鳥栖大赤字!トーレス補強、監督解任、実際の経営は大丈夫?

J1サガン鳥栖を運営するサガン・ドリームスは28日、

鳥栖市内で株主総会を開き、

なんと

当期純損益が5億8178万9000円の赤字の決算が承認された。
第15期での決算額(2018年2月~19年1月の期間)

J1に昇格した2012年度以降では過去最多額

こりゃ大変ですね。

大赤字の原因

 

この大赤字の原因は三つあります

  • 大型補強の元スペイン代表FWトーレス補強

イケメンでスペイン黄金世代のトーレスの補強、金崎 夢生などの補強などで

人件費が前期比約7億6000万円増の25億7036万円に膨らんだ。

  • 成績不振

大型補強やトーレスの影響の宣伝効果で売上高合計は過去最高の42億5781万6000円を出している。

トーレスの影響で来場数や広告の収入は増えたが4月28日時点で最下位と低迷している。

FWの補強で得点力に期待されたがここ9試合で1得点と苦戦している。

成績が残せない以上経営は厳しいですよね( ;∀;)

  • 監督解任

昨年10月にマッシモ・フィッカデンティ監督らを解任したことによる違約金などで、

例年だと2000万円程度だった営業外費用が4億5285万5000円と大きく増え、

大幅な赤字になった。

スポンサーリンク

サガン鳥栖の経営って大丈夫?

このニュースを聞いて心配になりますよね。

実際のところは

今年1月に6億円の第三者割当増資を行い純資産額は3638万円となった。

ギリギリ ( ;∀;)

なんとか持ちこたえたためJ1,J2の参加資格を失う債務超過は回避した。

個人的にもトーレスが日本で活躍する姿を見たいのでよかったです 笑

竹原稔社長も会見では

「収支のバランスが悪くなっているのは事実だが、ビジネスモデルを変えている段階。

育成型クラブとして若手を育て、海外に出すプロジェクトを進めている。心配はいらない」

と発言した。

今が成長段階だからってことですかね。

これからの動きが楽しみです。

ネットでの反応

トーレスは放牧に出されてしまうん?

 

チーム解散まであるな

 

トーレスをグランパスに3億くらいで売れないかしら?

 

やはり心配の声が多いですね。

まとめ

せっかくサガン鳥越にトーレスが来てくれたので

いい成績を残して欲しいです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして こんにちは【Blog Chillien】運営者のyamasanです。 日々平和にまったり過ごすのがモットー ワニに似てるって良く言われます 笑 日々気になった情報などを発信していくブログです。