【運転中に眠気が。。】元車屋営業マンが教えるそんな時の対処法5選

どーもyamasanです 🙂

車を運転していたら不意に眠気が、それによって事故が、
疲れているとそういった経験ありますよね(T ^ T)

私自身、営業で長距離運転が多かったので、途中よく眠気と格闘しておりました 笑

実際長距離の運転は辛いです。
トラックの運転手さん本当に凄いと思います。

そんな時に実際に行っていた対処法をご紹介します!!

一度仮眠をとる!

疲れた体を癒す。

正直言うと1番間違いない選択です。

決してたくさんの仮眠を取らなくて全然大丈夫です。
10分とか15分とかでも仮眠を取るとかなり眠気は覚めます。

私自身も仕事で、遠方に車で行く際は仮眠を少しでも取りながら車で走っていました。

眠気も覚めるし、運転しての疲労感も回復するので一石二鳥です。
時間に少し余裕がある場合は、急がず体を休めながら行くのがベストです!

運転に対してもグッドな気持ちで運転できるはずです(^ ^)

カフェインを摂取する

テスト勉強とかでも良く眠気対策の定番ですね。

コーヒーや1番良いのはエナジードリンクが効きめがあります。

カフェインの効果は、脳を覚醒させて、集中力を高めてくれる作用があります。
働く人のための成分ですね。

ちなみに、私が今まで飲んだエナジードリンクで効果があったのはメガシャキ。

岩手を深夜に出て千葉に行った時、メガシャキを飲んでから迎い約6時間以上走行しましたけど、
まったく眠くなく、ほぼ休憩なしで行けました。

その時は2本飲みましたが、飲みすぎるのも良くないので注意しましょう!

耳を引っ張る

耳にはツボが100以上あると言われています。

初めて聞いた時はびっくりしました。

100以上って結構ヤバいですよね 笑
そこに刺激を与えてあげる事によって、体が温まり活動的になります。

信号待ちの時などでも気軽にやりやすいです。

疲労回復や小顔効果など色々なメリットがあります。
お風呂上がりとかマッサージすると気持ちいいです。
って運転関係ないけどw

運転中でのメリットは眠気以外にも、目の疲れ、肩こり改善にもいいみたいです。

スポンサーリンク

音楽

曲によっては眠くなる曲もありますが、アップテンポな曲など流しましょう。
マインド的に高揚していけば必然的に眠気も無くなります。

車内は自分だけの空間なので思い切って大声で歌ってみてもいいと思います。

たまに他の車両の人と目があって恥ずかしい思い 私はしたことがあります 笑

安全装備がついてる最新の車

またちょと他の対処法とは違いますが、
最近の新しい車は事故を防ぐため色々な安全装備がついております。

例えば居眠り運転防止で、車線逸脱システムという機能などあります。

こちらは、眠くなってフラフラ運転になり車線を踏んでしまった時、
警告音がなってドライバーに知らせてくれるシステムです。

警告音がなってヒヤっとしたあとは眠気も一緒に飛ぶと思います。
ドライバーを守ってくれるシステムなので新しい車という選択するのもいいと思います。

まとめ

他にももちろん、
窓を開ける、シートポジションを変えてみる、誰かと話す、ガムを食べる
など色々な解決策はあります。

1番は、長距離での移動などある際は前日にちゃんと体を休ませて
ベストな状態で運転していただくのが、眠気が襲ってこない対策だと思います。

普段の睡眠の質を高めていけば普段の生活でも眠気が襲ってくることは少なくなると思います。

良く私が言われていたのが、
寝る前にコップ一杯の水を飲むと深い眠りにつけるそうです。睡眠中は、汗をかくのでそのためにも水分補給が重要になって行きます。

色々ご紹介しましたが、是非これを参考にしていただいて
色んなところに旅行など、お仕事での長距離など安全に運転を楽しんでください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして こんにちは【Blog Chillien】運営者のyamasanです。 日々平和にまったり過ごすのがモットー ワニに似てるって良く言われます 笑 日々気になった情報などを発信していくブログです。